中古物件+リノベのプチ情報【資産価値編2】

中古物件を買ってリノベーションの「資産価値」ってどうなるの?

実は新築を買うより中古物件の方が資産価値の目減りが少ないという特徴があります。

築年数経過によるマンション価格推移イメージ

築年数経過によるマンション価格推移イメージ

 

新築は築15年から20年にかけて急激に「資産価値」が下落する流れがあります。
しかし、築15年から20年を過ぎてくると下落するスピードは緩やかになってきます。
という事は築15年から20年の中古物件を購入してリノベーションした後の下落率は緩やかですので下落率に大きな差が生まれてきます。
新築住宅に比べ、価格が低く、購入後の価格下落も穏やかなのが中古住宅の特徴と言えます。
リノベーション費用をかけても新築に比べリーズナブルに住まいを取得できるだけでなく、資産価値の目減りが少ないといえます。
また、リノベーションをすることで、価値が高まり、次世代へ優良なストックを引き継ぐことができます。

 

 

リノベーションのおすすめイベント紹介

みんなで聞こう!リノベーション勉強会 in 神戸

リノベーション勉強会の4つの特徴

 

①「新築」or「中古を買ってリノベ」どっちが自分に合っているのか分かる。
②オリジナルドーナツを食べながらのアットホームなカフェスタイル。
③会場は、リノベーションされた施設などの魅力的な場所をチョイス。
④累積2800組以上の方が参加、沢山の理想の住まいが生まれた人気イベント。

 

こんな方は、ぜひご参加ください

 

・マイホームを探し中だけど新築以外の選択肢を知りたい。
・「新築」か「中古を買ってリノベ」かを迷っている。
・中古物件を買ってリノベーションしたい。
・今の住まいをリノベーションしたい。
・親から譲り受けた家をなんとかしたい。
・古民家を再利用して住んでみたい!
・リノベを前提にした物件探しのポイントを知りたい。
などなど

**同業者、不動産業者様の参加はご遠慮ください**

 

このイベントの詳細、ご予約はこちら

ニュース一覧へ

新着記事

カテゴリ

アーカイブ