No. 75

海を眺めながら朝の珈琲を淹れる暮らし

DATA
  • 建物 マンション
  • 面積 68.6㎡
  • 築年数 築31年
  • 施工費 930万円
  • 設計期間 2ヵ月
  • 施工期間 3カ月
  • 家族構成 ご夫婦

兵庫県神戸市の、目の前に瀬戸内を望む眺望最高のA様邸のマンションが、フルリノベーションで生まれ変わりました。

「自転車を置ける玄関土間が欲しい」というご希望に合わせた玄関の広々土間。
マンションに土間をつくるというのは、まさにリノベーションならでは。
休日には、ここでご主人がメンテナンス作業をのんびりと楽しまれています。

眺望の良い広々明るいリビングダイニングは、「バルコニーから目の前の海を眺めながら朝食をする」というイメージがそのまま叶う空間に。
食器棚は造作でつくり、キッチン空間に無駄なくすっきりと収まります。
床のナラ材の無垢フローリングにして、ソファに座りながらくつろぐときは年中裸足でも心地よく。

洗面所のタイルを選ぶときは、種類が無数にある中から家の中の他の色味と合わせながらコーディネート。
趣味のギターは見せる収納にして、リビングからも楽しめる配置に。
室内窓からの光差し込むワーキングスペースはとても心地よく、ご夫婦並んでお仕事ができます。

「ここで珈琲を淹れながら迎える朝が最高に気持ち良いです」とキッチンに立つ奥様。そして、その笑顔を眺めながら微笑むご主人の笑顔を見て、私たちもとても幸せな気持ちになりました。

POINT

  • 飾って楽しむギターコレクション

    当初は収納スペースが欲しいとのご要望が、お打ち合わせが進むうちに「見た目も素敵なギターは飾ろう!」とこの空間に。 弾いて楽しみ、飾って楽しみ、いっそう愛着がわきます。

  • リビングとワークスペースを「つなぐ」室内窓

    明るい外の光を隣の部屋にも届ける室内窓。リビングに隣接するワーキングスペースと空間をつなぎ、ギターコレクションをソファからも眺めてくつろぐことも。窓のデザインも相談しながらの自由設計です。

  • 憧れのモルタルカウンター

    モルタルを取り入れながら、あたたかみを感じられるように木と組み合わせて。 厚みも担当コーディネーターといっしょに相談しながら、リビングの雰囲気に合うよう調整して決めていきます。

AFTER

  • 施工後の玄関土間

    マンションにもつくれる玄関土間。自転車のメンテナンス道具を置くにも作業をするにも十分な広さ。
    暗かった玄関や廊下が明るくスッキリと。

  • 施工後のリビングダイニング

    南向きの明るく広い間取りを生かして。目の前の穏やかな瀬戸内海を眺めながら食事をしたい、ソファでくつろぎたい、そんな暮らしを実現するリビングダイニング。

BEFORE

  • 施工前の玄関・廊下

  • 施工前の洋室

関連する事例