家を売るときに考えること。【不動産知識】

「家を売却する」そこには、色々な理由があると思います。転勤が決まった、家族構成が変わった、老朽化してきた、駅近に引っ越したい、逆に田舎に行きたい。
そんな様々な理由で家の売却を考えられる方も多いと思います。
では、いざ売却をするとなると何を考えればいいのでしょうか?
今日は「不動産売却」について書いていきたいと思います。

リフォームをせずにできるだけそのまま売りたい。

不動産屋さんに売却のご相談に⾏くと、「リフォームしないと売れない」と⾔われた事はありませんか? この考え方は決して間違いではありません。買う人のことを考えると汚い状態より綺麗な状態の方が買ってくれやすいという事はあります。
しかし、このリフォーム費用は誰が負担するのか? 当然、売主が負担する事になります。
売れるか売れないか、まだ分からない状態で何百万円ものリフォーム費用を投資する事になります。
考え方によっては大きなリスクでもあります。
なので、まずは「リフォームせずにできるだけそのまま売る」っという事を考えた方が良いと私たちは考えます。
どうすれば、リフォームせずに売れるのか?
それは、改装工事を前提に購入を考えている人に売るという事です。

「改装工事」=「リノベーション」を前提にされている方に買ってもらえればご自身でリノベーションをされるので事前にリフォームをする必要がないという事になります。
むしろ、リノベーション前提に購入される方にとってはリフォームしてほしくないというのが本音です。

リノベーション前提の方に売るメリットはこちら

 

 

意外に高額な仲介手数料。安くならないの?

物件を売却する場合、不動産屋さんにご相談して買主を探してもらうという流れになります。
その場合、当然ながら手数料が発生します。
その手数料とは? 売買価格の3%+6万円+消費税 です。
例えば2500万円で売れた場合、75万円+6万円=81万円+消費税という事になります。
かなり高額だと思いませんか?
せっかく高値で売れたと思っても結局、手数料分を引かれて手元に届くという事になります。
仲介手数料を安くする方法はあるのか?

それは、前項と同じく「リノベーション前提の方に売る」という事です。
私たちG-FLAT不動産は、弊社でのリノベーション前提で中古物件を探している⽅に不動産を提供することが⽬的のサービス。リノベーションが事業の柱なので、売主さまからの不動産仲介による利益はいただきません。
私たちのお客様である「リノベーションを前提にされている方」にお売り頂けるのであれば仲介手数料は半額です。

G-FLAT不動産で売るメリットはこちら

 

 

築年数が経っている物件だと売れるのか?

築年数が経っている物件だと売れるのだろうか?そんな不安をお持ちの方もいると思います。
当然、築浅物件より築古物件の方が売れにくいというデータは出ています。
しかし、築古物件でも売れる方法があります。
それは、前項と同じ「リノベーション前提の方に売る」という事です。
私たちG-FLATのお客様は築30年・40年という物件を購入してリノベーションで蘇った住まいに暮らすという方が沢山います。
ですので築年数が経っている古い物件でも⼤丈夫です。
リノベーションは⾒た⽬だけを綺麗にする改装⼯事とは違い構造躯体から配管、配線、内装に⾄るまで全ての⼯事を⾏います。
築年数が経っていても、ボロボロでもリノベーションの⼿にかかれば再⽣できるのです。
※構造躯体を⼯事するのは⼾建て住宅に限ります。

リノベーション前提の方に売るメリットはこちら

 

 

売ると解体して取壊されるのでは・・・

戸建住宅の場合、不動産を売却しようとすると「解体して更地にしないと売れません」と言われることがあります。
それは、新築を目的にした人にも売れるという事や業者が建売住宅を建てる事で高値で販売できるという理由があるからです。
確かに更地にした方が売れやすというデータもあるので間違いではありません。
しかし、「⽣前に夫が頑張って建てた家が取り壊されるのがツライ」「家族の思い出が詰まった家がなくなってしまった」などのお声をよく聞きます。
取壊さずに、再利用してもらえる方法があります。
それは、前項と同じ「リノベーション前提の方に売る」という事です。
私たちもリノベーションのプロとして、まだまだ使えるのに壊されていく住宅を⾒ながら本当に悲しい思いをしています。
新しく住む⼈に合わせてリノベーションすることで、家族の歴史や思い出はそのままに次の世代に引き継いでいけます。

リノベーション前提の方に売るメリットはこちら

 

 

ECO(エコ)のことも考えましょう。

築古の物件は取壊して更地にして売るという事がよくあります。その場合、多くの廃棄物が発⽣します。
また、次にその⼟地を購⼊した⼈が家を建てると⼤量の資材を必要とし環境への負荷は更に⼤きくなります。
しかし中古住宅を活⽤するリノベーションは、環境への負担が少ないことが⼤きな特徴です。
例えば、CO2排出量は建替⼯事に⽐べて33分の1とわずか。
廃棄物の発⽣も22分の1で済み、資源の節約に直結します。
リノベーションを希望されている⽅に住まいを引き継ぐことは、環境負荷が少なく、未来・次世代を⾒据えた選択肢なのです。

リノベーション前提の方に売るメリットはこちら

 

 

沢山の方がリノベーションを前提の住まいを探しています。

あなたの住まい、誰かにとっては「宝物」かもしれません。
リノベーションを前提に中古物件を探されている⽅へ、あなたの不動産をお売りいただけませんか?まずは、どんな物件を探しているのかご覧ください。

このような物件をさがしています。

 

/
ニュース一覧へ

新着記事

カテゴリ

             

タグ

アーカイブ