マンションをリノベーションしたい!工事範囲はどこまで可能?【マンション編】

マンションを自分スタイルに工事したいという方が以前にもまして増えてきております。ただ、「マンションの間取り変更はどこまで可能?」「キッチンの位置は変えられる?」など、住みたい家のイメージ通りに工事が出来るか不安に感じる方は少なくありません。

その中で購入後、こうしたいのにできなかったとならないようマンションでのリノベーションで工事可能な部分とできない部分を理解しておきましょう。

そのポイントを押さえながら、物件を内覧することでより具体的に購入後のお部屋のイメージもしていけるのはないでしょうか。

今回はいざという時「リノベーションには不向きだった!」なんてことのないよう、マンションの工事可能範囲について事前に知っておきたいポイントを解説していきます。

マンションリノベーションには変えられない場所がある?

リノベーションをする際にここをこう変えたいなど「あれをしたい」「これをしたい」というアイデアは思い付いても、それが可能か否か、そのデメリットやリスクについてはなかなかわからない方も多いのではないかと思います。

マンションには専有部分と共用部分の違いがあります。

マンションのリノベーションは専有部分までしか手を加えることができないため、具体的なプランや予算を練る前に、手を加えても良い範囲を知っておかなければなりません。マンションの専有部分と共用部分の違いについて、マンションリノベーションの注意点と併せてご紹介します。

マンションには専有部分と共有部分がある

「専有部分」とは、居住者が所有権を持ち、リノベーションで手を加えられる箇所です。

「共用部分」とは、マンションの管理組合が管理している部分で、居住者がリノベーションで手を加えられない箇所です。

マンションのリノベーションプランを考える時は、専有部分と共用部分を必ず区別しておきましょう。

共用部と専有部分の違いについてはこちら

居住者が手を加えられる専有部分の範囲

マンションの居室内にある設備は、基本的には専有部分ですのでリノベーションが可能です。

専有部分の例

・内装材(壁紙、床材など)

・室内にある設備(キッチンや洗面台などの水回り機器、室内建具など)

・構造に影響しない間仕切り壁

ただし、室内にも共用部分が存在するため、室内全ての設備を自由にリノベーションすることはできません。室内にある共用部の具体的な例は後ほど詳しくご紹介します。

また、専有部分と共用部分の線引きは、マンションの構造によって変わることもあります。あるいは、リノベーションで使用する部材が管理規約で指定されているマンションなどもあるため、マンションリノベーションでは必ず、施工内容が管理規約に違反していないか確認しなければなりません。

居住者が加えてはいけない共用部分の範囲

マンションの居住者全員が使う設備や、マンションの構造を司る部位は共用部分に含まれるため、各居住者がリノベーションすることはできません。間違えやすい部位ですが、居室と接したバルコニーや室内にある窓なども共用部分です。

共用部分の例

・構造部(外壁や柱など)

・エントランス、廊下、エレベーター、会議室など

・給排水管の竪管

・居室内の窓、ベランダ、バルコニー、玄関ドアの屋外側など

・各居住者が使用する駐車場、インターホンなど

共用部分の修繕・管理はマンションの管理組合が行うことになっており、共用部分の改修工事には修繕積立金が使われます。

リフォーム・リノベーション済みの物件を買い、そのまま住むことが前提であれば、さほど気にすることもなさそうですが、フルリノベーション前提の場合は、物件によって出来ない工事や管理規約によってNGとされているルールをしっかり確認しておきましょう。

PS(パイプスペース)についてはこちら

マンションを選ぶ際のポイントや注意点

壁式構造なのかラーメン構造なのか

壁式構造とラーメン構造の違いは以下のとおりです。

◆壊せない壁がある=壁式構造

◆壊せない壁がない=ラーメン構造

壁式構造は「壁」で建物の構造を支え、ラーメン構造は梁と柱で建物を支えます。

壁式構造の場合は、取り壊せない壁があることも多いため、ラーメン構造のほうがフルリノベーション向きですが、物件によっては必ずしもそうとは限りません。

コンクリートの現し天井が不可能なケース

最近では、海外の雰囲気を取り入れたい方であえてコンクリート打ちっぱなしの状態でお住まいされる方も多いのではないでしょうか?

共用部分だけど何も手を付けないなら問題なく出来るはず、と思われがちですが実はできない場合もあります。

◆最上階の部屋

◆断熱材の状態

フローリング禁止の有無

無垢フローリングを希望する人は年々増えていますが、ここで厄介なのがマンションの管理規約です。この管理規約に「フローリング禁止」があれば、たちまちできませんが、遮音等級L-〇〇以上と制限があることもあります。

床暖房を採用したい場合も同様、事前の確認は必須です。

まとめ

今回はマンションをリノベーションする際にどこまで何が可能なのかについて解説してきました。

マンションをリノベーションする際にどこまで工事が可能なのか、何ができて何ができないのか設備や間取り、インテリアなどこだわっていきたい方にはぜひ注意してほしい内容でした。

マンションの性質上、自分だけでなく、他の居住者との良好な関係を築くために可能な範囲で最大限の可能性を見出していきましょう!

共用部の修繕っていつするの?管理費・修繕積立金についてはこちら

/ / / /
ニュース一覧へ

新着記事

カテゴリ

             

タグ

アーカイブ