リノベーション向き?スキップフロア型マンションの特徴とは?【リノベ知識】

マンションには、エレベーターを各階ではなく数階おきに停止するようにした「スキップフロア」型があります。

エレベーター停止階でないとちょっとなあと思われるかもしれませんが、実はスキップフロア型マンションもメリットが多いのです。エレベーターが停止しない階は、共用廊下がないため採光・通風・プライバシー性が高くなります。

今回はそんなスキップフロア型ならではの特徴やそのメリットなどご紹介していきます。

リノベ済マンションのメリット・デメリットについてはこちら

エレベーターが停止しない階

スキップフロア型のマンションにはエレベーターの不停止階があります。

スキップフロア型のマンションは、エレベーターはあるものの、各階には停止せず、数階おきに停止するようになっています。例えば9階建てのマンションで、エレベーターの停止階が1階、3階、6階、9階に設定されている場合、エレベーターは2、4、5、7、8階では扉が開きません。

上記の設定のマンション8階に住むAさんが外出する時の様子をシュミレーションしてみます。

まず、自宅玄関を出たら、エレベーターの最寄りの停止階である6階まで共用階段を使って降ります。6階には共用廊下(外廊下)があるのでそこを通りエレベーターまでアプローチし、6階からエレベーターに乗ってメインエントランスのある1階へ行く、という流れになります。 2階分の階段を使って降りています。

スキップフロア型の特長

スキップフロア型マンションは、エレベーターが停止しない階には共用廊下が不要になるため、その分住戸の面積を広げることができたり、南北2面にバルコニーを設けて住戸内に通風・採光を得やすくすることができます

また、プライバシー性も高くなり、廊下から居室や玄関を見られないため防犯面にも良い一面があります。

エレベーターがついているので高層マンションも可能、基本的に「外廊下型」ではあるものの不停止階は「階段室型」のメリットを享受しているという点が最大の特長です。

高い密度で住戸数を確保しつつ、少しでも良好な居住環境を確保しようとしています。

マンションでの工事範囲はどこまで可能?はこちら

スキップフロア型で気をつけたい点

スキップフロア型のマンションは、エレベーターの不停止階の住戸では通風・採光・プライバシー性を確保できるメリットがある一方で、そのメリットを享受できない住戸もあり、同じマンションで条件の異なる住戸が混在していることになります。

その点及び、不停止階の住戸については「階段を使用しないと自宅にアプローチできない」という点をどうとらえるかが大きなカギです。

若いうちは階段を利用することに問題がなかったとしても、年を重ねるごとに辛く感じることがあるかもしれません。エレベーターや共用廊下はマンションの共用部に当たるので、改修するのも難しいでしょう。

現在ではバリアフリー新法が制定されており、マンションでもバリアフリーが求められているのでスキップフロア型のマンションはほとんど建てられなくなりました。

スキップフロア型のマンションの外観

下図にスキップフロア型のマンションの立面図、一般的な外廊下型マンションの立面図を示しました。イメージを伝わりやすくするために、外廊下やエレベーター、バルコニーなど、本体から出っ張った部分に色をつけています。

左のスキップフロア型マンションの立面図は、3階おきにエレベーターが停止すると想定したものです。

外廊下は3階おきにあり、外廊下やベルコニーなど奥行が異なる出っ張りが不規則なリズムでついており、総じて独特な外観になっています。その造形美に熱心なファンもいるほどです。

それに対し、右の一般的な外廊下型マンションは、下から上まで凹凸が同じリズムでついており、均一的な外観になります。

まとめ

今回はスキップフロア型マンションの特徴やメリットをご紹介してきました。エレベーター止まらない階があったとしてもスペースの面や2面バルコニーになるなど実はメリットも多いです。

もし、中古物件でスキップフロア型を見つけた場合、スキップフロア型マンションの特徴を生かし、専有部分のリノベーションを計画していこうとされる方も多くいます。そういった物件は居住環境の良さ、独特の雰囲気から人気を呼んでいます。

このように、スキップフロア型のマンションは、新築ではあまりお目にかかれないかもしれませんが、中古物件を探している時に出会う可能性はあります。

その際はその特徴を理解した上でどこをどう変えていくのかリノベーションをした後もイメージしながら検討していきましょう!

リノベーションのおすすめイベント【神戸・明石】

基礎から知ろう!「中古を買って+リノベーション」勉強会

リノベーション勉強会の4つの特徴

①「新築」or「中古を買ってリノベ」どっちが自分に合っているのか分かる。
②オリジナルドーナツを食べながらのアットホームなカフェスタイル。
③キッズスペースがあり、お子様の参加も大歓迎。
④累積2800組以上の方が参加、沢山の理想の住まいが生まれた人気イベント。

こんな方は、ぜひご参加ください

・マイホームを探し中だけど新築以外の選択肢を知りたい。
・「新築」か「中古を買ってリノベ」かを迷っている。
・中古物件を買ってリノベーションしたい。
・今の住まいをリノベーションしたい。
・親から譲り受けた家をなんとかしたい。
・まずはリノベーションについて知ってから進めていきたい
・リノベを前提にした物件探しのポイントを知りたい。
などなど

**同業者、不動産業者様の参加はご遠慮ください**

日程・詳細・ご予約はこちら

 

リノベーションでの家づくり!資料請求はこちら

30秒でカンタン資料請求!
リノベーションに役立つ資料をお届けします。

「リノベーションに興味はある。勉強会やイベントにも行ってみたい。でもなかなか行けない・・・」
そんな声にお答えし、リノベーションやG-FLATのことがよくわかる資料をご用意しました。
リノベーションご検討の際に、ぜひお役立てください。

 

資料請求フォームはこちら

/ / /
ニュース一覧へ

新着記事

カテゴリ

             

タグ

アーカイブ