住宅ローンの保証会社ってどんな役割なの?【住宅ローン編】

不動産の購入を検討されている方なら諸費用の中で「保証料」という項目を見たことがあるかと思います。不動産購入となるとかかってくる費用は一般的なお買い物と比べて高くなるかと思いますので、支払うお金が何に使われているか知ったうえで支払いたいという方もいるのではないでしょうか?

そこで今回は「保証料」を支払う保証会社についてその役割なども併せて解説していきます。

保証料とは?の詳しい内容はこちら

保証会社とは?

住宅ローンを借りる際に、原則として、保証人を用意する必要はありません。

ただし、多くの銀行は、保証会社の保証を受けられることを住宅ローンの借入条件としています。

大手都市銀行などのように、その金融機関の子会社に保証会社を持つケースや、地銀や信用金庫などで、子会社に保証会社を持たず外部の独立した保証会社を使うケースがあります。金融機関によっては、取引のある保証会社は1社ではなく、複数の保証会社を取り扱っているケースもあります。

最近は、保証会社を利用しないタイプのローンが多く売られるようになりました。しかし、そうした商品は借入要件が厳しかったり、商品の種類が少なかったりします。保証料を負担するのは大変ですが、保証がつくことで、バリエーションのある商品が提供されているのも事実です。

保証料を高いとするかどうかは、自分にとっての利便性を考慮してからなるでしょう。

保証会社が必要ないプロパー融資のメリット・デメリットはこちら

保証のしくみ

住宅ローン契約者(債務者)は、保証料を保証会社に支払って、住宅ローンの保証人になってもらいます。保証会社は住宅ローン対象の物件に「第1順位の抵当権」を設定する条件で保証します。

債務者が住宅ローンを支払えなくなった場合には、保証会社が債務者に代わって、住宅ローンの残債を一括で返済します。

この一括返済を「代位弁済」といいますが、「代位弁済」の後は、住宅ローン債権が金融機関から保証会社に移ることとなるので、今後は保証会社から住宅ローンの返済を請求されることとなります。

保証会社の役割

「保証をする」とは、契約者がローン返済を延滞した場合に、返済請求を受ける立場になること保証会社の役割は、「保証審査」と「保証履行」の大きく2つです。

「保証審査」は、ローンをきちんと返済する人か、購入物件は担保価値があるかを調査し、保証を引き受けるかどうかの判断を行うことです。

一方、「保証履行」は、契約者の返済が滞った場合に、その人に代わってお金を返すことです。一般的に、保証会社は、延滞が3~6ヵ月程度になると保証履行を行います。その後の回収にあたっては、返済計画をヒヤリングし、計画が立ち行かなければ、担保になっている家を売る手段をとります。

保証料の支払い方法

支払方法は「外枠方式」と「内枠方式」の2通りになります。

外枠方式

外枠方式とは、住宅ローンを借りる際に一括支払いをする方法です。保証料は「融資金額」「融資期間」「個人の属性」によって決定されます。

これから35年借りる住宅ローンの保証として支払う為、前払いの側面を持ちます。つまり、繰上げ返済をすれば、保証料の一部は返金されます。

ただし、少額の繰上げ返済の場合、繰上げ返済の保証会社の事務手数料と相殺され、返金されないケースがあります。

内枠方式

内枠方式とは、借入金利に上乗せして支払う方法です。

金利に上乗せされる利率も、0.2%~0.3%程度が多いようですが、審査結果によって0.8%となることもあります。「外枠方式」は基本的に住宅ローンを借りる際の諸費用として、現金を用意する必要があります。

「内枠方式」は分割支払いとなるため、まとまった現金は不要ですが、支払額は多くなる傾向にあります。

外枠・内枠はどちらがお得?についてはこちら

まとめ

今回は保証料を支払う保証会社についてその役割と併せて解説してきました。

購入時の諸費用で仲介手数料、登記費用と大きい割合を占める保証料ですが何のために支払うお金なのかどういった意味合いのものか理解できたのではないでしょうか?

大きいお金になりますが支払ったものが目に見えないお金になりますので、不動産の価格だけではなく諸費用についてもしっかりと理解を深めていきましょう!

繰り上げ返済の意外と知らないデメリットについてはこちら

/ / / / /
ニュース一覧へ

新着記事

カテゴリ

             

タグ

アーカイブ