住宅購入で買主からもらう必要な手付金とは? そもそもなぜ現金で支払うのか?【不動産知識】

不動産を売買したことがない人も一度は聞いたことがあるかもしれない手付金ですが、それを支払う意味や勘違いしやすい「申込金」との違いについて解説していきます。

前提として「手付金=売買契約キャンセル時の違約金」という点で頭に入れておきましょう。

安心・納得してご自宅を売る方法はこちら

手付金とは?

手付金とは売買契約を結ぶときに買主が売主に支払うお金のことです。本来は不動産の引渡しを受けるときにお金を払うのですが、なぜ引渡し前の契約時に手付金を支払うのでしょうか?その理由は手付金には以下の役割があるからです。

手付金の役割

・手付金を放棄すれば売買契約は解除できる

・債務不履行などがあった場合に違約金となる

たとえば買主または売主が「気が変わったから」という理由で、購入や売却をやめるとします。このような「買主または売主からの一方的な契約解除(キャンセル)」は違約となり、そのときに手付金は違約金代わりになるということです。

つまり買主が一方的に契約解除すれば手付金は没収され売主が一方的に契約解除すれば手付金を買主に返還し、かつ手付金と同額を違約金として支払います。

申込金との違い

新築戸建てや新築マンションなどの住宅購入時には「申込金」というお金もあります。申込金は「申込証拠金」や「買付証拠金」などとも呼ばれ不動産会社によって呼び名は異なりますし、そもそも申込金を取らないこともあります。

申込金は契約時ではなく申込時に支払うお金であり、購入意思を明確にするために支払うお金です。そして申込みには法的拘束力はないので、申し込みキャンセルをしても申込金は返還されます。

注意点としては売買契約を結ぶと申込金は手付金の一部となることが一般的なので、その後に契約を解除しても申込金だけ戻ってくることはありません。

手付金の支払い方法と期限について

次に手付金の支払い方法と期限について解説します。結論からいうと手付金は契約日に現金で支払うことが多いです。

支払い期限は基本的に売買契約日で、手付金は売買契約後の違約金代わりになるので支払期限は基本的に売買契約日になります。住宅購入の一般的な流れは申込みをしてから概ね1週間~10日以内に売買契約を結びます。

そのため申込~契約までの期間に買主は売主に手付金を支払い、その支払いを確認した後に売買契約を結ぶという流れになります。

手付金は現金で支払うのが原則(振込のケースもある)

基本的に手付金は現金で支払うのが原則ですが、振り込みのケースもあります。なぜ現金で支払うのが原則かというと申し込み~契約までの期間に売主である不動産会社が倒産したり、個人が売主であれば行方不明になったりする…などの事態が考えられるからです。

もちろんこのようなリスクは極めて小さいですが会社が倒産したり売主が行方不明になったりすれば、支払った手付金は返還されない可能性があります。また売買契約は土日に結ぶケースが多いので、契約日当日に振り込むことが難しいです。そのため契約日に現金で持ってくるというケースが多いです。

キャッシュレスの時代に高額の現金を引き出し、持ち運ぶのはリスクですが、支払ったお金が無くなる方がよりリスクが高いという見方です。しかし、手付金を現金か振込かどうするかはケースバイケースですので、不動産会社に確認してみてもよろしいかと思います。

大切なご自宅を解体せずに売るメリット・デメリットはこちら

まとめ

このように手付金は契約解除をしたときの違約金となるので、買主側からすると手付金は低く設定したいものです。とはいえ手付金を低く設定することで売主にとっては不都合になることもあります。その点を考慮した上で双方うまく話し合って決めることをおすすめします。意外と知らない手付金の相場や手付金が返ってくるケースなどは次回解説していきます。

今回は手付金がどのようなものかますはしっかり理解しましょう。

家を壊さずにご自宅を売りたい方はこちら

/ /
ニュース一覧へ

新着記事

カテゴリ

             

タグ

アーカイブ