団体信用生命保険の賢い活用方法とは?

住宅を購入検討した際に「団信」と一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

「団信」とは「団体信用生命保険」のことをいい、内容を少し詳しく知っておくことで大きな安心につながります。しかし、何の為に加入するのか、万が一の時はどうなるのか、知らない方は意外と多いかもしれません。今回はその内容を確認しましょう。

団体信用生命保険とは?

住宅ローンは借入額が高額のため、通常長期返済は長期にわたります。そのため、返済期間中に、万が一ということがないわけではありません。そんなときのために、住宅ローンに付随する生命保険と考えていただければ良いと思います。

団体信用生命保険(通称「団信」と言われています)は、住宅ローンの返済途中で死亡、高度障害になった場合に、本人に代わって生命保険会社が住宅ローン残高を支払うというものです。

もし団信に加入していない場合に一家の大黒柱に万が一のことが起こったら、残された家族が住宅ローンを返済し続けなくてはなりません。他の生命保険との兼ね合いもありますが、マイホームに安心して住み続けるために、団信はとても重要なものとなります。

不動産を購入する際の諸費用についてはこちら

民間金融機関は、団信加入が条件

民間金融機関の多くは、この団信の加入を住宅ローン借入れの条件としています。この場合には、保険料は金利に含まれており、別途に保険料支払いは発生しません。ただし、健康状態が良好で、生命保険に加入できる状態ではないと住宅ローンも借入れできません。

当初借入時のみならず、借換えの際も同様となるので、健康でいることは、より良い住宅ローンを借入れするためにも必要なことなのです。

なお、健康上の理由で通常の団信に加入できない場合には、生命保険の引受け基準が拡大された「ワイド団信」だと加入できる場合もあります。ワイド団信付きの住宅ローンはメガバンクをはじめ多くの金融機関で取り扱いがあります。金利が0.2~0.3%程度高くなりますが、住宅ローンを安心して借入れする手段としては有効です。

一部の民間金融機関とフラット35では、団体信用生命保険への加入が任意となっています。フラット35を借入れし、団信に加入する場合には、特約料(保険料)を住宅ローンの返済額とは別に年に一度支払います。特約料は残高によって決まり、1,000万円あたり年間36,000円の割合で計算されます。

また、夫婦が連帯債務者になっている場合には、二人で加入できる種類の団体信用生命保険があります。夫婦のどちらか一方の加入者が死亡または高度障害状態になった場合には、住宅の持分や返済額等にかかわらず、残債務が全額弁済されるというものや住宅の持分や返済額等によって残債務の一部弁済される内容のものもあります。

三大疾病や七大疾病などの保障もある

最近は、通常の団信の保障に加えて、三大疾病保障付き、七大疾病保障付きなど、特約付きの団信も数多く出ています。例えば、三大疾病保障は、「がん」「脳卒中」「急性心筋梗塞」についての保障になります。ただし、所定の状態になったらすぐに保険金が支払われ、住宅ローンの残高が清算されるもの、一定期間は毎月の支払額が支払われ、その状態が続いた場合にローン残高が清算されるものなど、支払われ方が異なるので確認しましょう。

保険料についても、保険料は銀行負担のもの、金利0.3%程度の上乗せのもの、月額で支払うものなど、金融機関によって異なります。

生命保険に余分に加入していませんか?

民間の住宅ローンですと、通常は保険料がローン金利に含まれている場合がほとんどです。そのため、利用される皆さんは自分が生命保険に加入していることを意識していないケースが多いのですが、もし既に保険に加入していて、その中に住宅資金の保障額も含まれているのであれば、それは重複加入。住宅ローンを利用するときには、既に加入している保険の見直しも併せて行いましょう。

減額した分の保険料を住宅ローンの繰上返済の資金に充てたり、長期療養等で返済ができなくなるリスクに備えて長期所得補償保険などの損害保険に加入するなど、効率の良い運用プランに組み替えるのも賢いやり方です。

まとめ

団体信用生命保険は契約者の死亡時や高度障害になってしまった際に、住宅ローンの残債と同額の保険料を受け取ることができる保険です。

最近では三大疾病や八代疾病などの病気に備えたものや、審査条件が通りやすいものも出てきています。保険は使う目的をはっきりさせることで、より柔軟に活用することが可能です。

また賃貸で家賃を払い続けるよりも、同じような額で毎月の住宅ローンの支払が済むのであれば、買ってしまった方が、万一があっても住宅ローンは残らず、家族はそこに安心して住むことができます。

必要が無ければ売ってしまってその後の大きな資金にすることや賃貸に出せば賃貸収入という継続収入で毎月家族にお金を残し続ける方法をとることが可能になります。

団体信用生命保険を住宅だけと考えるのでなく、様々な保障内容や種類があるため、ライフスタイルや目的に合わせて将来形成を行っていくことが重要になってくるでしょう。

リノベーションの事例集はこちら

 

中古を買ってリノベーションのおすすめイベント紹介

みんなで聞こう!リノベーション勉強会 in 神戸

リノベーション勉強会の4つの特徴

①「新築」or「中古を買ってリノベ」どっちが自分に合っているのか分かる。
②オリジナルドーナツを食べながらのアットホームなカフェスタイル。
③会場は、リノベーションされた施設などの魅力的な場所をチョイス。
④累積2800組以上の方が参加、沢山の理想の住まいが生まれた人気イベント。

こんな方は、ぜひご参加ください

・マイホームを探し中だけど新築以外の選択肢を知りたい。
・「新築」か「中古を買ってリノベ」かを迷っている。
・中古物件を買ってリノベーションしたい。
・今の住まいをリノベーションしたい。
・親から譲り受けた家をなんとかしたい。
・まずはリノベーションについて知ってから進めていきたい
・リノベを前提にした物件探しのポイントを知りたい。
などなど

**同業者、不動産業者様の参加はご遠慮ください**

勉強会のご予約はこちら

 

【無料個別相談会】

こんな方はご参加ください

・周りを気にせずゆっくりリラックスして話を聞きたい
・勉強会の日程がなかなか合わない
・自分たちの状況に合った具体的なお金の話を聞きたい
・具体的に聞きたいポイントがある
・一連の流れを知った上で安心して進めたい
・なんとなくぼんやりしていることを明確に知りたい
・そろそろ物件を探そうと思っている
・エリアや予算の決め方のポイントを知りたい
など

※不動産、同業者の方はご遠慮ください※

【勉強会に参加したことがない初めての方も大歓迎!!

今回G-FLATで話を聞くのが初めての方には、リノベーション勉強会でお話する内容も含めて基礎からお話します。「好き!と思える素敵な家に住みたい」とふんわり思っている状況の方も、まだ新築とリノベで迷っている、という方も、具体的にイメージができるように丁寧にお話します。大きなお買い物、進むか進まないか決めるためにも、まずは知ってみましょう!おひとりでもお子様連れでも、安心してお越しくださいね☺

ご希望の曜日・時間に合わせて開催します

ご家庭やお仕事の都合は人それぞれちがうもの。お休みの日にお出かけ気分でお越しいただくも良し、お仕事後にほっこりカフェ気分でお越しいただくも良し。平日週末、午前からお仕事後まで、お客様のご希望に合わせて時間を調整させていただきます。

個別相談会申込フォームはこちら

 

リノベーションでの家づくり!資料請求はこちら

30秒でカンタン資料請求!
リノベーションに役立つ資料をお届けします。

「リノベーションに興味はある。勉強会やイベントにも行ってみたい。でもなかなか行けない・・・」
そんな声にお答えし、リノベーションやG-FLATのことがよくわかる資料をご用意しました。
リノベーションご検討の際に、ぜひお役立てください。

 

資料請求フォームはこちら

ニュース一覧へ

新着記事

カテゴリ

アーカイブ