敷地権とは?【マンション編】

区分所有建物(マンション)の登記事項証明書などをみると、「敷地権」という表示がされていることが多くあります。「敷地権」とはいったい何なのでしょうか?

敷地権とは

もともと、不動産を構成する土地と建物は、それぞれ独立して権利の対象となるものです。

たとえば、これまで一戸建て住宅の「建物とその敷地」を所有していた人が、建物を所有したままでその敷地(土地)だけを売却したり、逆に土地を所有したままで建物だけを売却したりすることも可能です。

一戸建て住宅の場合には、土地と建物の所有者が異なっても借地権が成立するだけで、権利関係さえはっきりさせておけば、土地利用上の問題は生じないのです。ちなみに、親族などから地代を支払わずに土地を借りる関係は使用貸借であり、借地権には該当しません。

しかし、マンションの場合ではマンションの敷地に関する権利も一戸建て住宅などの場合と同様に、所有権と借地権(地上権または賃借権)があり、土地の所有権または借地権を区分所有者全員で共有する形態となっています。

この土地の権利が所有権と借地権のどちらであれ、もし敷地を利用する権利としての「敷地利用権」がなければ、非常に複雑な問題となってしまいます。

他の区分所有者と敷地を共有(所有権)しているとき、誰かひとりが敷地の共有持分だけを売却して、そこに借地権の成立を認めるというわけにもいかないのです。

ところが従来の法律では、一戸建て住宅の場合などと同様に、マンションでも建物専有部分の所有権と土地の共有持分などについて、別々に処分(売却など)をすることが可能でした。

これを防ぐためには、管理規約などで分離処分を禁止したりするしかなかったのですが、実際にはそれが守られない事例もあったようです。

マンション管理規約を変更する方法はこちら

分離処分禁止とは

マンションのように多数の所有者が土地を共有している場合、非常に複雑な問題となるため、1983年(昭和58年)の区分所有法(建物の区分所有等に関する法律)改正により、建物の専有部分と敷地利用権は原則として分離処分(譲渡、抵当権の設定など)することができないことを明確にしました。

そして、この「分離処分が禁じられた敷地利用権」のことを、不動産登記法上で「敷地権」と表すことにしたのです。

敷地権の登記がなされると、以後の権利変動について土地登記記録への記載は省略されます。

また、建物登記記録の表題部には、「敷地権の目的たる土地の表示」、「敷地権の種類」(所有権、地上権、賃借権の別)、「敷地権の割合」(土地の共有持分に該当)などが記載されます。建物の権利と土地の権利(持分)が常に一体というわけです。

ただし、敷地権の登記は強制ではなく、管理規約でこの一体性の原則を排除することも可能ですから注意しなければなりません。

実際、昭和58年の法改正以前に建てられたマンションでは敷地権ではなく、土地建物が別々に登記されていることもあります。

まとめ

マンションを購入検討する際にお金のことや権利関係に非常に敏感になられていると思います。敷地権?所有権じゃないけど大丈夫なの?とお声をいただくこともありますが、意味を知っておくことで少しでも安心できる材料になるのではないでしょうか。しかし不動産を所有する上で権利関係は非常に重要なポイントになりますので登記簿謄本などあまりなじみがないかもしれませんが一度確認してみても良いでしょう。

マンションの管理費・修繕積立金についてはこちら

 

中古を買ってリノベーションのおすすめイベント紹介

みんなで聞こう!リノベーション勉強会 in 神戸

リノベーション勉強会の4つの特徴

①「新築」or「中古を買ってリノベ」どっちが自分に合っているのか分かる。
②オリジナルドーナツを食べながらのアットホームなカフェスタイル。
③会場は、リノベーションされた施設などの魅力的な場所をチョイス。
④累積2800組以上の方が参加、沢山の理想の住まいが生まれた人気イベント。

こんな方は、ぜひご参加ください

・マイホームを探し中だけど新築以外の選択肢を知りたい。
・「新築」か「中古を買ってリノベ」かを迷っている。
・中古物件を買ってリノベーションしたい。
・今の住まいをリノベーションしたい。
・親から譲り受けた家をなんとかしたい。
・まずはリノベーションについて知ってから進めていきたい
・リノベを前提にした物件探しのポイントを知りたい。
などなど

**同業者、不動産業者様の参加はご遠慮ください**

勉強会のご予約はこちら

 

【無料個別相談会】

こんな方はご参加ください

・周りを気にせずゆっくりリラックスして話を聞きたい
・勉強会の日程がなかなか合わない
・自分たちの状況に合った具体的なお金の話を聞きたい
・具体的に聞きたいポイントがある
・一連の流れを知った上で安心して進めたい
・なんとなくぼんやりしていることを明確に知りたい
・そろそろ物件を探そうと思っている
・エリアや予算の決め方のポイントを知りたい
など

※不動産、同業者の方はご遠慮ください※

【勉強会に参加したことがない初めての方も大歓迎!!

今回G-FLATで話を聞くのが初めての方には、リノベーション勉強会でお話する内容も含めて基礎からお話します。「好き!と思える素敵な家に住みたい」とふんわり思っている状況の方も、まだ新築とリノベで迷っている、という方も、具体的にイメージができるように丁寧にお話します。大きなお買い物、進むか進まないか決めるためにも、まずは知ってみましょう!おひとりでもお子様連れでも、安心してお越しくださいね☺

ご希望の曜日・時間に合わせて開催します

ご家庭やお仕事の都合は人それぞれちがうもの。お休みの日にお出かけ気分でお越しいただくも良し、お仕事後にほっこりカフェ気分でお越しいただくも良し。平日週末、午前からお仕事後まで、お客様のご希望に合わせて時間を調整させていただきます。

個別相談会申込フォームはこちら

 

リノベーションでの家づくり!資料請求はこちら

30秒でカンタン資料請求!
リノベーションに役立つ資料をお届けします。

「リノベーションに興味はある。勉強会やイベントにも行ってみたい。でもなかなか行けない・・・」
そんな声にお答えし、リノベーションやG-FLATのことがよくわかる資料をご用意しました。
リノベーションご検討の際に、ぜひお役立てください。

 

資料請求フォームはこちら

 

 

 

/ / /
ニュース一覧へ

新着記事

カテゴリ

             

タグ

アーカイブ