玄関収納庫リノベーション事例

住宅ローンってどれだけ借入できるの?【住宅ローン編】

住宅ローンを使って不動産を購入しようと思った際に最初に気になる点として立地や周辺環境などありますが、お金についていくら借りることができるか知っておくことも重要です。

そこで住宅ローンを借入額の決め手となるのが「返済比率(返済負担率)」です。

住宅ローンを無理なく返すには、返済比率(返済負担率)はどのくらいが適切なのでしょうか。

今回は、返済比率(返済負担率)の決め方について見ていきましょう。

その中で適切な返済比率がどれくらいかを理解し、どの程度の金額を借りればよいのか考えていきましょう。

返済比率(返済負担率)とは?

返済比率とは、年収に対して住宅ローンを1年間に支払う返済額の割合をいいます。

返済比率(返済負担率)は以下の計算式を参考にしましょう。

「返済比率=年間返済額÷年収×100」

・返済比率20%
・1年間に支払う金額80万円
・年収400万円

返済比率は金融機関が住宅ローンを審査する際のチェックポイントとなり、住宅購入を成功させる第一歩です。

団体信用生命保険の賢い活用方法はこちら

返済比率(返済負担率)の目安は?

住宅ローンを無理なく返済するには、返済比率(返済負担率)の目安は年収の20%と言われており、返済比率(返済負担率)の審査基準は、金融機関や住宅ローンの種類によって異なります。

一般的な審査基準の目安は30~35%程度となっています。

フラット35と民間住宅ローンの返済比率の基準は、
年収400万円未満の場合は30%以下、400万円以上は35%以下となっています。

特定の条件によっては、最大45%まで融資可能という金融機関もあるようです。

人によって考え方は違うので住宅ローンは20%に抑えたい方もいれば、一戸建ての広い庭を求めて、返済比率30%を目安に借り入れる方もいます。

返済比率(返済負担率)が基準を超えると、返済負担が重くなり、借入額を減らされるケースがあるので注意が必要です。

返済金額はどのように求めればよい?

家族構成や生活スタイルによって、生活費や教育費といった支出は家庭によって異なります。

所得が増えると税金の負担も増えるため、将来に年収が増えたとしても、手取りは減ることもあるので注意が必要です。

また、ローンの返済以外に支払いが必要なランニングコストも考えておく必要があります。

戸建ての場合は定期的に外装塗装や屋根の葺き替えなどメンテナンス費用が掛かり、マンションの場合であれば管理費・修繕積立金、駐車場料金などランニングコストが発生します。

車のローンや奨学金など、その他の借り入れがある場合にはその返済金額も含めた上で返済比率を決めましょう。

将来も見通して資金計画を立てるには、子どもの進学やライフイベントも考慮することも大切です。

超低金利で借りやすい状況ではありますが、必要以上に借りると返済が困難になるので注意が必要です。

まとめ

住宅ローンを借入額の決め手となる「返済比率(返済負担率)」の計算方法や無理のない返済目安をご紹介しました。

住宅ローンを借りる前にしっかりとその特性を知り、『借りられる金額』と『返せる金額』の違いを理解しておきましょう。

そして将来も考慮した上で、無理のない資金計画を立てるようにしましょう。

無料個別相談会

こんな方はご参加ください

・周りを気にせずゆっくりリラックスして話を聞きたい
・勉強会の日程がなかなか合わない
・自分たちの状況に合った具体的なお金の話を聞きたい
・具体的に聞きたいポイントがある
・一連の流れを知った上で安心して進めたい
・なんとなくぼんやりしていることを明確に知りたい
・そろそろ物件を探そうと思っている
・エリアや予算の決め方のポイントを知りたい
など

※不動産、同業者の方はご遠慮ください※

勉強会に参加したことがない初めての方も大歓迎!!

今回G-FLATで話を聞くのが初めての方には、リノベーション勉強会でお話する内容も含めて基礎からお話します。「好き!と思える素敵な家に住みたい」とふんわり思っている状況の方も、まだ新築とリノベで迷っている、という方も、具体的にイメージができるように丁寧にお話します。大きなお買い物、進むか進まないか決めるためにも、まずは知ってみましょう!おひとりでもお子様連れでも、安心してお越しくださいね☺

ご希望の曜日・時間に合わせて開催します

ご家庭やお仕事の都合は人それぞれちがうもの。お休みの日にお出かけ気分でお越しいただくも良し、お仕事後にほっこりカフェ気分でお越しいただくも良し。平日週末、午前からお仕事後まで、お客様のご希望に合わせて時間を調整させていただきます。

個別相談会申込フォームはこちら

 

リノベーションでの家づくり!資料請求はこちら

30秒でカンタン資料請求!
リノベーションに役立つ資料をお届けします。

「リノベーションに興味はある。勉強会やイベントにも行ってみたい。でもなかなか行けない・・・」
そんな声にお答えし、リノベーションやG-FLATのことがよくわかる資料をご用意しました。
リノベーションご検討の際に、ぜひお役立てください。

 

資料請求フォームはこちら

/ /
ニュース一覧へ

新着記事

カテゴリ

             

タグ

アーカイブ